CD/DVDコピー(少部数)

CD/DVDプレス(大部数)

ジャケット印刷

宣伝用印刷物

2017年11月の営業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017年12月の営業日
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

※オレンジの日付は休業日です

VEGETABLE OIL INK

当社オフセット印刷は一部
植物油インキを使用しています。

データ作成ガイド/マスターデータ作成について

マスター作成の注意点

  • 著作権・肖像権の侵害の恐れのあるコンテンツの複製・加工等は一切行えません。
  • 成人向けの映像、画像や内容が弊社にて適切ではないと判断したマスターの複製・加工は行えません。
  • マスターを弊社にお送り頂く場合は、輸送中に破損しないように梱包してお送りください。
  • マスター表面には必ず油性ペンでタイトル名、お客様名を記載ください。

CD/DVDプレス、CDコピー

弊社へご支給頂く前に、マスターの再生の確認を必ず行ってください。

確認は可能な限り、複数の再生機器で行うことをお勧めします。

マスターディスクは、できるだけ高品質なディスクをご使用ください。

品質の悪いディスクを使用している場合、完全にデータが記録されていない可能性があります。海外製のディスクやCD-RW、DVD-RWの使用はできるだけ避け、品質の高いディスクを使用してください。
太陽誘電製のディスクはエラー率が少なくお勧めです。

マスターがDisc at Once(ディスクアットワンス)方式で記録がされているか確認ください。

Disc at Onceとは、CD-RやDVD-Rにデータを記録する際、他のデータを追加で保存できないようにするデータ書き込み方法です。
データ記録を追加することができないため、信頼性・互換性が高く、マスターディスクの記録方式として用いられています。

コピーガードが設定されていないか確認ください。

コピーガードを設定したディスクは、マスターディスクとして使用できません。

マスターデータのバックアップをとってください。

海外CDプレスの場合、マスターは返却されませんのでご注意ください。
プレス用マスターご支給時には、必ずコピー・マスターを作成しておいてください。
運送時などのトラブルで、万一メディアに損傷があった場合などのサブ・マスターディスクとなります。
※マスターディスクは、ディスクメーカーや書き込みのパソコンを変えて、複数枚作成の上、弊社にご支給頂くことをお勧めします。

マスターに記録されたデータ量が規程内に収まっているか確認ください。

データ量は、音楽CDは74分以内、その他のCDは690MB以内、DVD(片面1層)は4.7GB以内に収まっている必要があります。
1枚のCDに収められる最大収録曲数は99曲までとなります。